スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽光発電導入でエコ 原子力不祥事底なし 放射能漏れ 公表遅れ問題

最近、太陽光発電が伸びているようです。

脱原発でエコ、電気を売ることもでき経済的、おまけに災害の備えにもなる、とくれば、、人気が上がるのも当然ですね。

今流行りの太陽光発電 エコ・お得・安心 国や地方自治体も補助金でクリーンエネルギーを応援
http://fanblogs.jp/lovelybell/archive/73/0


それにしても呆れるのは「原子力ムラ」の人々です。

人の命よりもメンツ、保身を優先することは許されません。

やはり今後は脱原発へと舵をきっていかなければなりませんね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130529-00000090-mailo-l08
東海村の原研施設放射能漏れ:市民団体の申し入れに、第三者委設置を検討--機構表明 /茨城
毎日新聞 5月29日(水)11時43分配信

 東海村の加速器実験施設「J-PARC」(ジェイパーク)の放射性物質漏れで、県内外五つの市民団体が28日、施設や作業者の安全対策に万全を期すよう求める申し入れ書を日本原子力研究開発機構に提出した。これに対し、機構側は「事故を重く受け止めており、いろいろな対策を検討しなければならない」と述べ、事故原因の究明などを行う第三者委員会の設置を検討していることを明らかにした。

 申し入れを行った「脱原発とうかい塾」代表の相沢一正・東海村議は「原発と違うことは分かっているが、放射性物質が発生することに変わりはない。村民が安心できるよう、きちんとした対応をしてほしい」と話した。
 一方、水戸市は通報が適切ではなかったとして、通報連絡協定を結ぶ日本原子力研究開発機構に安全管理の徹底などを求める申し入れを行った。通報連絡協定は市担当者に直接連絡するほか、ファクスでの連絡もすることになっている。しかし、今回は24日午後10時40分にファクス連絡があっただけだったという。
 このため、申し入れ書では「ただちに連絡がなかったのは誠に遺憾」と指摘した上で、通報連絡体制の改善や対応策の取りまとめなどを早急に行うよう求めている。
 また、那珂市の海野徹市長は28日の定例記者会見で、自治体への通報が事故発生から約1日半かかったことについて、「事象があった時点で速やかに連絡がないと市民の安全を守るための対策がとれない。緊張感がない」と批判した。
スポンサーサイト

海外旅行とクレジットカード活用と川内さんの働きぶり


クレジットカードを活用して快適な海外旅行。
どうやら海外旅行では現金より有利な様子。

海外旅行その他のために、1枚くらい作っておいて損のないクレジットカード。
キャッシングを活用しましょう。

(クレジット・キャッシング関係リンク)

簡単・便利なキャッシング(9)セゾンのカードローン「マネーカード」300万円コースで最低6.47%の超低金利 利用枠300万円・200万円・100万円 年会費永久無料 スピード審査最短30分即日借りたい・借りる借り方

簡単・便利なキャッシング(8) 主婦・学生・新入社員・パート・アルバイト・すぐに・即日・どうしてもお金を借りたい、借りる借り方 まずは相談 有名大手 ポイントサービス利用で初回30日無利息 プロミス

30周年記念ご入会キャンペーン実施中 ご請求時自動1%OFF+業界最高水準のポイント付与率 年会費永年無料 PocketCardのP-oneFLEXY

American Expressの Sky Traveler Card アメリカン・エクスプレスのスカイトラベラーカード 入会キャンペーン 今すぐ申し込みで最大13,000ポイントのボーナス獲得可能

簡単・便利なキャッシング(7) 主婦・学生・無職・ブラック・すぐに・即日・どうしてもお金を借りたい・借りる借り方 まずは相談 新生銀行グループ-キャッシングなら1週間無利息キャッシングの【ノーローン】

簡単・便利なキャッシング(6) 新入社員・パート・アルバイト・すぐに・どうしてもお金を借りたい→まずは相談 簡単・便利 ネットキャッシング クレジットのニチデン

簡単・便利なキャッシング(4) 主婦・学生・無職・ブラック・すぐに・どうしてもお金を借りたい→まずは相談 WEBキャッシングのアルコシステム

簡単・便利なキャッシング(3) アイシーローン

簡単・便利なキャッシング(2) 主婦・学生・無職でも、すぐに・どうしてもお金を借りたい→まずは相談安心できるパートナー【ハローハッピー】フリーローン

簡単・便利なキャッシング(1) 学生ローンなら誠実、安心、低利の友林堂




海外旅行はカードでキャッシング。
もはや常識のようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130424-00000511-san-soci
海外旅行のお金、どう準備する? カード活用でお得に
産経新聞 4月24日(水)8時12分配信

 大型連休を前に、海外旅行を計画している人も多いだろう。旅先で使うお金はどのように準備したらいいのだろうか。

 「多額の現金を持ち歩くのは危険。とはいえ、日本には依然、『クレジットカード=借金=避けたい』という認識が強い人が多い」と話すのは、旅行ジャーナリストの村田和子さんだ。旅行業界専門誌のトラベルジャーナル(東京都千代田区)が昨年1年間に海外渡航した20~70代の男女1万9073人に行った調査では、現金持参額(複数回の渡航を含む総額)は1人平均20万円で、「現金主義」が多いことがうかがえる。

 ただ、トラブルで最も多いのも「現金の紛失・盗難」で、平均被害額は1人約3万5千円。昨年1年間に海外渡航した約1849万人からの推計では被害総額は約152億円に上る。

 ◆キャッシング有利

 現金は空港などにある日本の銀行で渡航先通貨に両替するのが一般的。だが、実はクレジットカードの方がお得な場合が多い。VISA(ビザ)カードを展開するビザ・ワールドワイド・ジャパン(同)などへの取材を基に試算した。

 例えば、韓国旅行のために100万韓国ウォンを準備するとする。ある都市銀行のレートは100ウォン=10・31円。従って100万ウォンでは10万3100円が必要だ。

 一方、現地ATM(現金自動預払機)でキャッシングし一括払いする場合、決済日までの利息(30日間、年利約18%で計算)を含めて8万9421円で済む。100万ウォンの買い物をクレジット決済し、一括払いする場合は為替手数料を含めて8万9500円だ(全て4月17日時点のレート、クレジットカード分はビザカードの国際レートを適用。海外ATM利用には別途1回ごとに210円の手数料がかかる)。

 米ドルやユーロは国内金融機関での流通量が比較的多く、銀行両替と大差はない。だが、それ以外の通貨の場合や紛失・盗難のリスクを考えると、クレジットカードが有利な面が多いといえそうだ。トラベラーズチェック(旅行者用小切手)は現金よりも有利なレートで売買でき、万一の場合は再発行できるのが利点。ただ、通貨が限られることや使える店舗が少なく、利便性に欠ける点がある。

 ◆入金は国内金融機関

 それでもクレジットカードに抵抗がある人には、海外専用のプリペイドカードがお勧め。あらかじめ指定口座に入金した分だけ海外での買い物や現金の引き出しができる。本人確認のみで作れ、未成年や留学にも便利だ。

 入金は各カードの国内の提携金融機関ATMなどで行い、残った分は自身の口座に払い戻せる(手数料は必要)ため、無理に使い切ろうと無駄遣いをせずに済む。手数料は4~5%だが、米ドルなど一部の通貨では割高になる場合も。通常は発行まで1週間が目安だが、一部のカードでは即日発行も可能だ。

 ただし、海外での入金はできないので注意。また、海外のATMで「カードが出てこない」といったトラブルに対応するため、村田さんは「銀行などにあるATMを昼間のうちに利用して」とアドバイスしている。(戸谷真美)

ーーーーーーーーーーーーーーーー
川内さんの働きぶりはすごいですね!
仕事もがんばって、しかも実業団などの専業選手よりもいい成績なのだから。
市民ランナーの鑑。
尊敬します!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130501-00000010-tospoweb-spo
公務員ランナー・川内 本当に働いてますか?
東スポWeb 5月1日(水)12時5分配信

 陸上の世界選手権(8月、モスクワ)のマラソン日本代表が25日発表になり、公務員ランナーの川内優輝(26=埼玉県庁)が2大会連続で選出された。陸上界きっての人気者はその破天荒な出走スタイルを変えず、本番まで11レースに出場予定。一方で気になるのはその勤務ぶり。ホントに公務員として働いているのか? 勤務先の埼玉県立春日部高校・工藤倫郎校長(57)を直撃すると…。

 この日、春日部高で会見した川内は「目標は2年前に果たせなかった6位入賞を果たすこと。市民ランナーでも世界で十分通用するということをアピールしたい」。18位に終わった前回2011年韓国・大邱大会の雪辱を誓った。

 その川内の代名詞は、闘志あふれる走りと驚異的な実戦の出走回数だ。今年は4月まで毎月フルマラソンを走っており、今後もハーフマラソンを中心に6月上旬まで毎週レースに出場。その後も7月のゴールドコーストマラソン(オーストラリア)など国内外で4レースを予定しており、本番に備える。

 そのタフネスぶりは他の追随を許さないが、これも川内ならではの特殊な事情がある。走ることが仕事になっている実業団の選手とは異なり、練習時間は限られている。そのため、週末に全国各地で開催される市民マラソンなどさまざまな大会が、練習代わりになっているのだ。

 ただ、川内は公務員。これだけレースに参加して仕事への影響はないのか、との疑問も浮かぶが…。その点を工藤校長に聞くと「見ての通り。しっかりしているし、仕事も完璧。日曜日にレースがあっても、月曜日には必ず出勤してきますね。羽田(空港)から直行することもありました。模範のような存在です」と非の打ちどころがないほどの勤勉ぶりだという答えが返ってきた。

 同校は埼玉県屈指の進学校として知られ、文武両道を教育方針として掲げている。川内が担当するのは定時制(共学)の事務。仕事内容は電話応対から給食費の集金まで幅広い。それらをこなす川内は真面目かつ親しみやすい性格で、生徒の評判も上々だという。

「生徒の名前をよく覚えるんですよ。明るくて人気者です」(工藤校長)

 ロンドン五輪出場をあと一歩のところで逃した昨年、川内の快進撃は始まった。4月のかすみがうらマラソンを制すと、北海道(8月)、シドニー(9月)、ちばアクアライン(10月)、防府読売(12月)と連戦連勝に近い勢い。今年も1月のエジプト国際を皮切りに別府大分毎日(2月)、長野(4月)と勝っている。

 自らの特殊な環境から編み出した実戦中心の強化法はいまや「川内メソッド」と呼ばれ、トップ選手も参考にしている。公務員&勤労ランナーはモスクワでどんな走りを見せてくれるのか。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。